Interview

社員インタビュー

大野 克也

リフォーム営業 / 役職

プロフィール紹介
Phase #00

プロフィール紹介

桶庄では3年目以下の社員が中心となってて”採養”(=バンビPJ)を行っている。
桶庄の急成長を支える”採養”を推進するバンビPJのリーダー 大野さんに話を伺った。
本インタビューで最年少となる3年目社員でもある。

桶庄との出会い
Phase #01

桶庄との出会い

学生時代はアルバイトリーダーや部活の副キャプテンを務めていました。
人から頼られることに非常にやりがいとうれしさを感じていたことから、
「人から必要とされる」
「人から信頼される」

そんな仕事に就きたいと漠然と思っていました。

今だからこそ、こんな風に言えていますが、
当時は言葉にもなっていない状況でしたので内定もいくつかもらっていたが、当然、納得できるわけもなく…

桶庄に出会ったのはほんの些細なきっかけではあったんですが、実家もリフォームを考えていて、同じような悩みを持っている人の助けになりたい…と思って(笑)
そこで桶庄のことを知ったんです。

桶庄に入社を決めた理由
Phase #02

桶庄に入社を決めた理由

ありきたりな表現ではありますが、「人」でした。
自分は正直入社まで職や業界にこだわりが強いわけではなかったので…

説明会に参加して分かったことですが、桶庄は

会社全体で人を大切にしている文化が根付いている
ことを感じました。
当然ぎすぎすしていることもなく、社員同士も楽しそうにしていました。

もっと驚いたのは社長がとてもフレンドリーなところです。
社長がこの人なら、会社はきっと雰囲気が良いだろうな、と思いました。

150名以上の社員がいるにもかかわらず、回覧を使って、初契約や誕生日を祝う文化があることにびっくりしました。

桶庄はこんなところ!?
Phase #03

桶庄はこんなところ!?

うちは元々建築や家に興味のある人も少なくないので、その部分は入社前は不安でしたが、
入社してみたら、問題なかったですね。
先輩方が教えてくださいますし、自分も興味をもって勉強できる内容でしたので!

桶庄の仕事は「自分だけが幸せなのではなく、与える仕事」だったので、困っている人を助ける、もっと良くしてあげたいという想いが強かった自分は
努力することに苦労を感じませんでした。

就活生の皆様へ
Phase #04

就活生の皆様へ

桶庄は「一人一人が輝く会社」を目指していきたい、と思っています。
自己成長が会社の成長に繋がるという考えのもと、150年続いてきた歴史があると感じます。
200年に向けて決してこの部分だけは変わってはならないと思います。

個人としての成長欲求よりも、協力し、教え教わる関係の中で成長していきたい、その想いや考えに共感する人を大歓迎です。

専門的な知識でもインターンの経験でもなく、想いを大切にしたいです。

大野 克也